Luis Fernandes

  • 合計アクティビティ 113
  • 前回のアクティビティ
  • メンバー登録日
  • フォロー 0ユーザー
  • フォロワー 0ユーザー
  • 投票 0
  • サブスクリプション 0

アクティビティの概要

Luis Fernandesさんの最近のアクティビティ
  • Luis Fernandesさんが記事を作成しました:

    GFI LanGuard で新しい SQL データベースを作成する

    概要 GFI LanGuardで新しいSQLデータベースを作成するための手順について説明します。   方法 GFI LanGuard サーバーコンソールを開き、設定 タブをクリックしてください。 左側のメニューからデータベース保守オプションを選択してください。 データベースバックエンドの設定をクリックしてください。    プロパティウィンドウの一番下のセクションで、データベース名フィー...

  • Luis Fernandesさんが記事を作成しました:

    GFI LanGuardのスキャンに必要なディスク容量

    回答 各スキャン結果の保存に必要な容量は、使用するスキャンプロファイルやその他の要因によって異なります。通常の脆弱性スキャンでは、スキャン対象ごとに標準的なSQLデータベースに約1MBの容量が必要になります。例えば、1,500IPの環境では、スキャンごとに約1.5GBのデータベースが増えます。 デフォルトでは10スキャン分のデータを保持しますので、この例ではデータベースのサイズは最大でも15...

  • Luis Fernandesさんが記事を作成しました:

    GFI LanGuardはアラートをスキャンする際に、ハッキングや脆弱性を利用しますか?

    回答 一部のアラートのスキャン時に、GFI LanGuardはスキャンされたマシン上にエクスプロイトが存在するかどうか確認するコードを実行します。 例)アラートの1つに「Escape Characters Decoding bug」があります。これは、スキャンしたマシン上で以下のGETコマンドを実行します。..%255c..%255c..%255c..%255c..%255c..%255cw...

  • Luis Fernandesさんが記事を作成しました:

    良いポートと悪いポートのリストは、悪意のあるポートが新たに発見された場合に更新されますか?

    回答 良いポートと悪いポートのリストは更新されてはいますが、あまり頻繁ではありません(GFI は過去 6 年間に 3~4 回更新していますが、最後に更新したのは 2~3 年前です)。最もよく使用されるポートは、頻繁には変更されません。GFI LanGuardは、既知のトロイの木馬やその他の侵入者が使用するいくつかの主要なポートのみをリストしています。現在の脅威が使用するポートのリストを維持す...

  • Luis Fernandesさんが記事を作成しました:

    「コミュニケーション・サーバーが動作していません」というエラーが発生しました。

    概要 この記事では、イベントログに "Faulting module name: 'MSVCR100.dll' or 'MSVCR120.dll."と表示される場合に発生するCommunication server not running(コミュニケーション・サーバーが動作していません)エラーの解決方法をご紹介します。 エラーの特定・確認 このエラーには次のような特徴があります。 コ...

  • Luis Fernandesさんが記事を作成しました:

    GFI LanGuardインストール時のエラー1603

    管理人問題 GFI LanGuardのインストールに失敗し、エラー1603が表示されます。 環境 GFI LanGuard すべてのサポート環境 考えられる原因 これは一般的なエラーで、次のようなさまざまな原因が考えられます。 データベースのアップグレードエラー。 ターゲットマシンで短いファイル名の作成が無効になっている。 インストールスクリプトのカスタムアクションのプロトタイピ...

  • Luis Fernandesさんが記事を作成しました:

    パッチの自動ダウンロードオプションを変更しようとすると、「External Exception(外部例外) E06d7363」というエラーが発生する。

    概要 ユーザーがパッチの自動ダウンロードオプションを変更しようとすると、以下のエラーメッセージが表示されます。 External Exception E06D7363   環境 GFI LanGuard ​すべてのサポート環境   原因 Microsoft Accessのデータベースtoolcfg_patchautodownload.mdbが破損しています。   解決策 Micro...

  • Luis Fernandesさんが記事を作成しました:

    GFI LanGuard 設定エラー。ライセンスキーが無効です。ネットワーク脆弱性の監査および修復機能が無効になっています。

    概要 GFI LanGuardの設定を開始すると、以下のエラーメッセージが下部に表示されます。 (ライセンスキーが無効です。ネットワーク脆弱性の監査と修復の機能が無効になっています。) Invalid license key! Network vulnerability auditing and remediation features are disabled 原因 このエラーメッセージは...

  • Luis Fernandesさんが記事を作成しました:

    データベースのバックエンドを変更すると、GFI LanGuard エージェントがコンソールに表示されなくなる

    概要 GFI LanGuard コンソールでデータベースバックエンドを変更した後、エージェントがダッシュボードに表示されなくなりました。   環境 GFI LanGuard   原因 スキャンのエージェントとターゲットデバイスは、スキャン結果と共にGFI LanGuardのデータベースバックエンドに保存されます。データベースバックエンドを変更すると、すべてのスキャン結果とエージェントは以前使...

  • Luis Fernandesさんが記事を作成しました:

    GFI LanGuardトラブルシューターが正しく実行されず、エラーが表示されない

    概要 GFI LanGuard トラブルシューターツールの実行に失敗し、エラーが表示されません。 環境 GFI LanGuard 根本原因 trouble.exeが、Microsoft Windowsによってブロックされている。 解決方法 GFI LanGuardのエージェントインストールフォルダ移動してください(以下の場所)。C:\Program Files (x86)\GFI\LanG...